top of page

新入生自己紹介16 森本巧真

 こんにちは、Bullions新入部員の森本巧真です。よろしくお願いします!今回は新入部員自己紹介ということなので早速僕について紹介します。僕は和歌山県出身で小学校までは和歌山で生活し、中高の6年間は奈良県の西大和学園の青雲寮という寮で生活していました。


 寮生活は、スマホを寮内で使えなかったり、8時から11時までみんなで集まって勉強する学習時間というやつが毎日あったり(ゴールデンタイムのテレビが全く見れないので流行りのドラマに全くついていけませんでした笑)、周りから驚かれるような不便なことは多かったですが、受験期は勉強に集中しやすかったし、寮の同期と放課後にグラウンドでサッカーをしたり、夜中は騒いだり、文化祭で一緒にダンスやバンドをしたりできて(一緒に暮らす寮の同期とは一生の友達になれます)とても楽しかったです。


 そして今年の春東京大学文科三類に入学しホッケー部に入部したわけですが、ホッケー部に入った理由は、大学から始めることができ、かつサッカーに似ていたからです。僕は、中高6年間テニスをしていたのですが、実は部活終わりに寮の友達とするサッカーがとても楽しくて来世があったらサッカーを習おうと考えるぐらいサッカーへの憧れが強くありました。でも、サッカーは幼少期から初めている人が多いので大学から始めるのはキツイとなと考え諦めていました。そんな時に、なんかサッカーみたいで、かつ初心者が多いスポーツを見つけてしまいました!さらに、オフサイドがない!(寮の友達とするサッカーもお遊びなのでオフサイドが無かったんです)。これ面白そうだなと思い新歓に参加し、部活の雰囲気も良かったので入部を決めました。いっぱい練習して、得点を量産したいです!


 実はホッケー部同期の米地君は、寮の同期です。しかも、3年くらい同じ部屋の親友です(彼は、成績が悪かった中学時代の僕に勉強を教え、僕の成績を爆上げさせ東大に導いた恩師でもあります笑)。偶然ですが、大学生では同じ部活に入り、一人暮らしの部屋も隣です笑(信じてもらえないんですが本当に偶然です)。


 最後に、僕の中学時代の写真を載せておきます。中学の修学旅行の時の写真です。左が僕、右が米地君です。この頃からとても仲が良かったです。以上で僕の自己紹介を終わります。これからよろしくお願いします!!



Comments


bottom of page